新型コロナウィルス予防と治療にイベルメクチン・服用方法

新型コロナウイルスに関係する内容の記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸(新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~)のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報もご確認ください。またワクチンに関する情報は首相官邸(新型コロナワクチンについて)のウェブサイトをご確認ください。

イベルメクチンとは何か?

今注目されているイベルメクチンは、動物の腸内寄生虫や疥癬などの寄生虫の治療に用いられる薬である。特許期間も切れてジェネリックも製造できるので安価である。寄生虫の発生が多い地域で広く使われ人体に副作用の少ない薬で実証されております。副作用はほとんどないと言えるのでしょう。

インドのデルタ株感染者にはほぼ100%投与され重症化するにを防いだといわれております。各国の実験室での試験では、イベルメクチンがCOVID-19(SARS-CoV-2ウイルスの繁殖)を遅らせることが実証されている。日本では北里大学で治験を開始している。厚生労働省はCOVID-19に対するイベルメクチンの使用を承認していない。様々な国での治験結果などをみて実用化されるか判断されることを祈ってます。

インドでのイベルメクチンの投与

インドではイベルメクチンを使用して感染者数を90%減らすことに成功している。

 世界32カ国で治験や使用が行われおります。、新型コロナウィルスの予防と治療のいずれにおいても顕著な効果があることが実証されています。

インドは5月より州単位でテスト的にイベルメクチンを配布して、劇的な効果が認められインド全土に配布されました。その結果8月14日ではピーク時の90%減少となっております。ロックダウンよりイベルメクチンの配布が効果的な例と言えるでしょう。

インドにおける新型コロナウィルス感染者数の推移
インドの毎日の感染者数の推移

インドのイベルメクチン使用の予防方法

ここでは、インドでCOVID-19の感染予防の服用方法を紹介します。

イベルメクチン 1回につき0.2 mg/kg-1日1回服用
(食前または食後に服用)

一回目服用から48時間後にもう一度適量を服用する。
2回目服用後、1週間に1回服用することになっております。
これ服用方法で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に効果的と推奨されてます。

イベルメクチンの投与量

15~24kgの場合、3㎎を服用
25~35kgの場合、6㎎を服用
36~50kgの場合、9㎎を服用
51~65kgの場合、12㎎を服用(本商品)
66~79kgの場合、15㎎を服用
80kg以上場合、体重1kgあたり0.2㎎を服用

コロナウィルスの予防と感染後に次に挙げることも重要とされております。

鼻咽頭の衛生状態を良くしなければなりません。鼻うがいをし鼻腔スプレーを1日2~3回噴霧する。

ビタミン D3 を1日4,000 IU
ビタミン C 500~1,000 mgを1日2回
ケルセチン 250 mgを1日2回
亜鉛 100 mg/日

パルスオキシメーター と抗原検査キットも各自で準備しております。

イベルメクチンはこちらから個人輸入できます⇒⇒

新型コロナウィルスに感染後の服用方法

ここでは、インドでCOVID-19の感染した患者さんが服用している方法を紹介します。

イベルメクチン 1回につき0.2 mg/kg-1日1回服用

5日目まで1日一回服用します。(回復していない場合は、回復まで服用)

イベルメクチンの投与量

15~24kgの場合、3㎎を服用
25~35kgの場合、6㎎を服用
36~50kgの場合、9㎎を服用
51~65kgの場合、12㎎を服用(本商品)
66~79kgの場合、15㎎を服用
80kg以上場合、体重1kgあたり0.2㎎を服用

インドで配布されたイベノメクチン
インド全土に配布されたイベノメクチン
インドからベルメクチンの個人輸入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です