東京都コロナ自宅待機者38000人超!

東京都では酸素ステーションが完成して170人ほどの受け入れができる施設です。しかし38000人の自宅待機者がいるにもかかわらず、患者を1~2泊の想定しております。仮に2泊後に入院ができるのでしょうか?毎日5000人を超える新規感染者が増えているのに?病院もパンクして自宅療養者が毎日5000人ずつ増える可能性の方が高いと思わないのでしょうか?

新規感染者に、抗体カクテルを投与するか、イベノメクチンを服用してもらう方法しか医療崩壊を止める方法はないのかなって思います。現実的に抗体カクテルは、基礎疾患のある重症化になりやすい人を優先しているわけですから抗体カクテルの点滴は受けれないでしょう。そうしたら初期治療を受けれるとしたらイベルメクチンしかないのです。

イベルメクチンはインドでは特効薬!

インドでは1日40万人の新規患者が出ていましたがイベルメクチン配布で今では3万人まで下がっており実績のあるコロナ治療です。今でもイベルメクチンをメインに薬が処方されております。

都道県知事の権限で、患者の責任でイベノメクチンを投与できるシステムはできないものなのでしょうか?

時間稼ぎの酸素ステーションはとても重要な施設です。

新規感染者に、イベノメクチンを投与してそれでも酸素が必要な患者に酸素ステーションで入院までの時間稼ぎをしてもらう施設にするべきです。170ベット程度なら数日で満員になってしまいます。大体、コロナが流行って1年半もたっているのに、初期治療が全くない国は日本だけではないでしょうか?長尾医師は1年半もの間、イベルメクチンを投与して1人も亡くなった人がいないとおっしゃっております。

自分の命は自分で守るしかないです!

私たちは、もしもの時は、イベルメクチンを服用したい派です。長尾医師に診察してもらえば、イベルメクチンを投与してもらえるのですが、無投与で悪化するのを待つのが現状です。

黙って苦しい思いをして、どうなってしまうのか怖い思いをして発熱と咳と戦うのですか?

いいえ!私は個人輸入でイベルメクチンを購入しました。もしもの時はすぐに飲みます。いや、私は基礎疾患がありますので、予防の方法でイベルメクチンを服用します。1錠飲んでから24時間後に1錠服用して、1週間後に1錠飲んだら2週間ごとに1錠で予防になるそうです。

個人輸入でイベルメクチン

イベルメクチンを個人輸入しても2週間から1か月かかります。考えてる時間はないです。毎日25000人もの新規感染者が増えて完全なロックダウンもできないのに患者が減る訳がないのです。抗体カクテルを毎日記録25000人分用意できるなら安心できると思います。しかし現状では何権用意できるのかは不明です。

迷ってる時間はないのです。

自分の命は自分でお守りください。

インドからベルメクチンの個人輸入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です